静岡県立浜松城北工業高等学校歌

作詞:後藤 一夫
作曲:木津 文彦

1)
あさあけの かがやく風に
東海の 歴史を開く
若いいのちの はばたきが
一つにもえる 和の力
あゝ城北工高
歌おう 歌おう われら

2)
赤石の 雲よぶところ
あすを指す 科学の道に
望み明るい 日と月を
かさねてはげむ この誓い
あゝ城北工高
誇ろう 誇ろう われら

3)
曳馬野の 丘の花はぎ
新しく世に さきがけて
かおる誠の 学園に
あふれて光る その誉れ
あゝ城北工高
仰ごう 仰ごう われら

応援歌 第1

作曲:馬渕 賢二

1)
怒濤のひゞき地をゆすり
赤石に峯 背に受けて
われら 城北若人達よ
きたえ 鍛えし力をふるい
勝利の感激 この胸に

2)
遠く富士の嶺仰ぎつゝ
輝く陽射 背に受けて
われら 城北若人達よ
われらが腕 風を切り
勝利の感激 この胸に

3)
燃ゆるいのちを裡に秘め
汗に涙に 意気哮けて
われら 城北若人達よ
弾む若さに血汐はたぎり
勝利の感激 この胸に

応援歌 第2

作詞:松山 昌治
作曲:馬渕 賢二

1)
今し今勝利の女神ほゝえみぬ
われらは勝てり若き日を
いざたゝえなんわが選手
いざたゝえなんその健闘
いざたゝえなんその選手

2)
今し今勝利の鐘は空に鳴り
われらは勝てり若き日を
いざたゝえなんわが選手
いざたゝえなんその青春
いざたゝえなんその選手

3)
今し今勝利の旗は風になり
われらは勝てり若き日を
いざたゝえなんわが選手
いざたゝえなんわが母校
いざたゝえなんわが選手

応援歌 第3

作曲:馬渕 賢二

1)
赤石の峯 日は映えて
不屈の意気を培えと
無言の教え示すなり
ともに進まんわれらまた

2)
緑の大地 母として
育ちし城北健男児
日頃の錬磨火と燃えて
今ぞ示さん晴れ舞台

3)
雨風いかにすさぶとも
ともに鍛えしわが力
浜名の水に富士が峰
ともにたゝえんわが技倆

逍遥歌 第1

作詞:松山 昌治
作曲:馬渕 賢二

1)
遠山脈は 赤石か
富士が秀っ峰天そゝり
われら 浜松 曳馬野の
技術の道を 踏みゆかば
未来はてなく 広がりて
あゝ 新雪は 空に舞う

2)
遠野の道は はろけくて
流ろう雲に つながりぬ
われら 浜松 曳馬野に
人生の書 ひもとけば
万朶の香り 地に満ちて
あゝ 花びらは 風に舞う

3)
よせて とゞろく 磯浜や
その潮の香に育まれ
われら 浜松 曳馬野の
創意の丘に集うとき
力はてなく 湧きいでて
あゝ 海原に 夏陽燃ゆ

4)
浜名の湖に 秋たけて
夕陽 赤く沈む時
われら 浜松 曳馬野の
その学舎の空高く
希望の北斗 輝きて
あゝ 青春に 星は降る

逍遥歌 第2

作詞:松山 昌治
作曲:馬渕 賢二

1)
世界に 伸びる 若人の
夢は ロッキー シェラ ネバダ
ゴビの砂漠や 十字星
アゝ 城北 健児こゝにあり

2)
世界に はゞたく 若人の
夢は空ゆく 船に乗り
青き地球を 窓に見ゆ
アゝ 城北 健児意気高し

3)
世界に 伸びる 若人の
夢は銀河の 夕映えに
明るき明日を うたうこと
アゝ 城北 健児こゝにあり

4)
世界に はゞたく 若人の
夢は真理の 船をこぎ
技術の海を 拓きゆく
アゝ 城北 健児の意気高し